研修事業 NISA紹介 会員紹介 NISAカレンダー NISA NEWS 組込ソフト研究会 リンク もろもろマッチング 会員専用
研修事業
受講までの流れ
受講申込書(Excel版)
研修会場MAP
研修会場
I: 石井税理士事務所
D: 出島交流会館
N: 長崎県情報産業協会 研修室
オ: オフィスメーション
K: 長崎県勤労福祉会館
S: その他
講座の説明
ヒューマン系
技術系
受付締切日は講座開始日より約1ヶ月前とします。
締切:コースの受付を締め切りました
終了:コースを実施しました
■NISA_Banner_会員募集_H301222.jpg
会長挨拶_役員_組織_R010701.pdf
JISA-HP.jpg
次世代クラスター協議会B.jpg
ANIA.jpg
イベントのご報告_御案内B.jpg
産_学_官_交流会C.jpg
新入社員IT研修2020A.jpg
IPA_00.jpg
(一社)icd協会ロゴ_A_HP用.jpg
情報処理技術者試験・等
サイバーSC通信_1A.jpg
NISA会員ビジネスコラボ会A.jpg
IT関連掲示板_H300308D.jpg
大学_高校向け企業説明会_B.jpg
トップページ > 研修事業
研修年間カレンダー PDF   NISA研修概要とスケジュール(A3) PDF

H27年度NISA・JISA研修概要とスケジュール[H28-1-28(更新)]

※キャリア助成金(成長分野等)を申請(原則受講日の1ケ月前)すると、助成金支給後、受講料は約34%となります。支給申請は、講座ごとに終了日から2ヶ月以内。

☆別途テキスト代 5,000円(税別)が必要です。

No 研修項目 概要 開講予定日

(日)


(H)


(人)
受講料
(税別)



状況
キャリア
助成無
キャリア
助成有
(目安)
01 ネットワークとセキュリティの基礎(NEW!) ネットワークの基礎的な用語(IPアドレス、デフォルトゲートウェイ、ルータなど)や技術(Ethernet、IP、TCP、DNSなど)を体系的に幅広く学習することにより、ネットワーク上のデータ(パケット)の流れを把握できるようになる。さらに、コンピュータのネットワーク情報を理解し、設定方法を実機演習で確認する。また、ネットワークと関連の深いセキュリティについて学習。自組織の情報セキュリティ対策を進めていく上で基本となる、ファイアーウォール、暗号技術、認証技術、ウイルス対策、情報セキュリティマネジメントシステムの基本的知識や留意点について、シミュレータ実習およびグループ演習を交えながら学習する。 H27年05月
13・14・15日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 OM(確定) 募集期間:4/3〜4/20
受講者:11名
場所:OM(オフィスメーション)
実施済
02 リーダーシップ力養成研修 〜部下のやる気と協力を引き出し、Win-Winの関係を築く!〜(NEW!) 選択理論心理学をベースに「人のモチベーションと行動のメカニズム」を理解し、上質な部下育成のための効果的なマネジメント手法を学習します。同時に、手法に偏らず、人間として魅力のある、メンバーから信頼されるリーダーへと自ら変わることにより、より良い人間関係の職場をつくり、部下のやる気と協力を引き出すことによって、組織力の向上を図ります。更に、OJTの効果性を高め、人が育ち仕事の成果が上がる、「真・報連相」を活用して、主体性と自己責任性のある、質の高い仕事の進め方の理解を通じて、風通しの良い活力のある職場風土の基盤強化に活かします。 H27年06月
03・04・05日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 出島(確定) 募集期間:5/8〜5/19
受講者:8名
場所:出島
実施済
03 開発者のための必須のネットワーク・サーバ技術 プログラム開発を行う上で、必須のネットワークおよびサーバ構築を学習。
1.ネットワークの基礎、2.イーサネット、3. Windows Serverの基本、4. サーバの管理、5. Active Directoryドメイン サービスの保守、6. Linuxの概要、7. viの利用、8.ユーザ管理、グループ管理、9.ファイルシステム、10.アクセス権を理解して、設定変更、11.監視
H27年06月
10・11・12日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 NISA(確定) 募集期間:5/8〜5/19
受講者:11名
場所:NISA研修室
実施済
04 現場力養成!若手社員の仕事術 
〜コミュニケーション力と論理思考力を使った問題解決力〜
現場で起こる問題を適切に見いだし解決するには、どう考え行動すべきかを講義と演習を通して学習します。まず、問題解決に不可欠な、コミュニケーション力と論理思考力を身に付けていただきます。次に具体的な事例を用いた演習を実施。若手社員が現場で経験する身近な題材をベースに問題解決に取り組むことにより、必要な問題解決手法を身につける。昨年度のコースに問題解決に不可欠な、コミュニケーション力と論理思考力を追加した現場力養成のための基本スキルを追加した統合的なコース。 H27年06月
17・18・19日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 OM(確定) 募集期間:5/8〜5/19
受講者:11名
場所:OM(オフィスメーション)
実施済
05 Javaによるオブジェクト指向プログラミング(基礎編)〜オブジェクト指向からデータベースアクセスまで〜 Java 言語を使用してアプリケーションを構築する際に必要となる基本文法(変数、配列、制御文、プロシージャ)とオブジェクト指向の概念、基本文法(クラス、継承、インターフェース)とシステム開発にとって必須であるデータベースアクセスの方法を説明と実習により学習。開発環境は前半はjavacコマンド、中盤以降はEclipseを使用。 H27年07月
01・02・03
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 NISA(確定) 募集期間:5/25〜6/18
受講者:4名
場所:NISA
実施済
06 業務分析設計概説〜システム開発における要件定義のまとめ方〜 情報システム開発における要件定義のうち、業務要件定義を中心に作業手順や主な成果物を講義と演習で学習します。情報システム開発における要件には大きく、経営要件、業務要件、システム要件があります。業務要件を明確に定義するには、その前提となる経営要件を確認したり、後続するシステム要件との関係についても理解しておく必要がある。それぞれの関係や重要性、作業手順、主な成果物などについて学習する。また、次工程で行うシステム設計とのつながりについても学習。演習では、事例業務について経営要件を把握し、業務要件やシステム要件を定義する。グループでのディスカッションや成果物の作成により、さまざまな考え方や気づきを会得できる。 H27年07月
08.・09・10日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 出島(確定) 募集期間:5/25〜6/18
受講者:10名
場所:出島(確定)
実施済
07 心理学に基づいたプロジェクトメンバーの管理・育成法(NEW!) プロジェクトは多くのメンバーで構成されており、それを束ねるプロジェクトリーダーは、各メンバーに対して様々なコミュニケーションをとらなければなりません。部下のモチベーションを上げたり、ミスをした部下を叱責したり、上司に諫言したり、多種多様です。また近年、IT業界では精神疾患で長期休養する人材が出ていることから、プロジェクトリーダーはメンバーの健康状態やストレス、不安要素を察知したり、取り除いたりして健康な状態で働いてもらわねばならない。本コースでは、様々な心理学の要素・理論を利用して、プロジェクトメンバーのモチベーションを高めたり、上手く叱責したり、不安やストレスを軽減したりすることを講義とロールプレイングで学習。実際にロールプレイイングを行うことにより、実践的な演習効果が得られ、要員育成・管理法の幅、篤さが増加する。 H27年07月
15.16.17日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 出島(確定) 募集期間:5/25〜6/18
受講者:17名
場所:出島(確定)
実施済
08 VBによるオブジェクト指向プログラミング開発(基礎編)〜オブジェクト指向からデータベースアクセスまで〜 Visual Basicを使用してアプリケーションを構築する際に必要となる基本文法(変数、配列、制御文、プロシージャ)とオブジェクト指向の概念、基本文法(クラス、継承、インターフェース)とシステム開発にとって必須であるデータベースアクセスの方法を説明と実習により学習。環境はVisual Basic2012を使用。 H27年07月
29・30・31日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 NISA(確定) 募集期間:5/25〜6/18
受講者:10名
場所:NISA(確定)
実施済
09 JavaによるWebアプリケーション開発(実践編)〜Servlet/JSPからアーキテクチャ設計まで〜
Java言語を使用したWeb アプリケーションの作成方法を講義と実機演習を通じて修得。Webアプリケーションを作成する際に必要となる、サーブレットやJSPの作成方法、セッションなどの状態管理、Webアプリケーションのアーキテクチャや設計思想について解説。開発環境はEclipseを使用します。最終的に、データーベースと連携するWebアプリケーションをアーキテクチャから設計し、それを実装、テストするところまで行う。実践的な演習を行うことで、受講者のJavaによるWebアプリケーション開発の向上を目指。 H27年08月
05・06・07日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 NISA(確定) 募集期間:6/15〜7/21
受講者:6名(7/21現在)
場所:NISA(確定)
実施済
10 iPhoneアプリ実践開発
【中止!】
Objective-Cを使ったことがない人を対象に、iPhoneアプリの開発を体験して頂く研修です。
アプリ開発を中心に行いながら、iPhoneアプリを開発する上で必要な技術を習得し、業務で活用できるようiPhoneアプリの特徴や注意点を学びます。
H27年08月
19・20・21日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 NISA(確定) 募集期間:6/15〜7/21
受講者:0名(7/21現在)
場所:NISA(確定)
実施:中止決定(7/21)
11 VBによる Web アプリケーション開発(実践編)〜Webフォーム連携技術からアーキテクチャ設計まで〜(NEW!) Visual Basicを使用したWeb アプリケーションの作成方法を講義と実機演習を通じて修得。Webアプリケーションを作成する際に必要となる、Webフォームの作成やWebフォーム間連携、セッションなどの状態管理、Webアプリケーションのアーキテクチャや設計思想について解説。最終的に、その設計思想をもとに課題を設計、実装、テストし、VBを用いた実践的なWebアプリケーション開発スキルを習得する。環境はVisual Basic2012を使用。 H27年08月
26・27・28日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 NISA(確定) 募集期間:
6/15〜8/7(延期)
受講者:6名(7/21現在)
場所:NISA(確定)
実施済
12 ソフトウェア開発リーダーのためのコーチングスキル リーダーは、メンバーの持つ潜在的な能力を引き出し、組織や開発プロジェクトを良い方向へ導くことに常に「悩ん」でいるのが現状です。「人を活かす方法」をコーチングにスポットを当て、解決のヒントを習得するコース。また、失敗例、成功例)を通して、実務に用いるためのコーチングスキルの向上を目指す。 H27年09月
02・03・04日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 NISA 募集期間:7/7〜8/13
受講者:4名(8/17現在)
場所:NISA(確定)
実施済
13 Webシステムのアーキテクト育成〜アーキテクチャの構築からアプリケーション方式の定石まで〜(NEW!) Webアプリケーションの機能要件、非機能要件を満たすためにアーキテクトとして考えることの定石を学ぶ。アーキテクトは顧客と合意した品質要件を満たす、Webアプリケーションを構築し、方式を設計しなくてならない。具体的には、レスポンスやセキュリティ、データ品質、操作性、エラーハンドリングなどを担保しなくてはなりません。また、アーキテクトは開発チームが作り易く、保守や拡張が容易で、品質や生産性に富んだシステムを開発する基盤をどのように作ればよいのかを知っていなけれはならない。本コースではアーキテクトとしての心構えから、アーキテクトの定石に当たる内容を講義と演習で習得する。 H27年09月
09・10・11日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 NISA 募集期間:7/7〜8/13
受講者:6名(8/17現在)
場所:NISA(確定)
実施済
14 ビッグデータ処理基盤を活用したアプリケーション開発(NEW!) 先ずビッグデータの概要と実例を学習した後に、ビッグデータを処理するアプリケーションの開発方法を学習。ビッグデータの処理基盤としては、リアルタイムイベント処理を実現するCEPエンジンであるEsperと、分散処理基盤であるHadoopについて学習します。このEsperでのプログラミング方法、およびHadoop上で分散処理を実現するソフトウェアフレームワークであるMapReduceを活用したプログラミング方法について、講義と実習を通して学習。MapReduce処理については、Java言語による実装の他、HiveやPigなどのツールを利用してSQLライクに実行する方法も学習。今後のビッグデータによるシステム開発において重要な内容を網羅。 H27年09月
16・17・18日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 NISA 募集期間:7/7〜8/13
受講者:4名(8/17現在)
場所:NISA(確定)
実施済
15 プロジェクトマネジャ育成のための
 プロジェクトの実行マネジメント
プロジェクトの実行管理の中で重要なマネジメント項目であるタイムマネジメント(“進捗管理”)と品質マネジメント(品質管理)及び調達マネジメント(協力会社管理)を中心に、それらの実践ポイントを習得するコースです。 H27年9月/10月
30日/01・02日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 NISA 募集期間:7/7〜8/13
受講者:5名(8/17現在)
場所:NISA(確定)
実施済
16 Android アプリ開発
  【中止!】
[入門編]アンドロイドアプリケーション開発環境およびアプリケーション開発に欠かせない基本的な開発技術について、演習を通して習得して頂きます。
【主な内容】(入門編)Android の概要/Android 開発環境の構築/Android の基本/レイアウトとビュー/アクティビティ/インテント/開発演習
[中級編]プリケーション内で利用するデータの保存方法やバックグラウンド処理、複数の異なるアプリケーションでデータを共有する方法について、講義と演習を通して習得。【主な内容】(中級編)Android の概要/Android アプリの開発環境/サービス/データ保存/コンテントプロバイダ/その他/開発演習
H27年10月
14・15・16日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 NISA(確定) 募集期間:8/10〜9/8
受講者:0(8/17現在)
場所:NISA(確定)
実施:中止決定(8/18)
17 パフォーマンスを上げるSQLチューニング(NEW!) パフォーマンスチューニングで特にSQLを中心に学習。SQLを既に利用しているエンジニアの方が、さらに深くSQLを効率的にかつ効果的に利用できるよう学習。 H27年10月
21・22・23日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 OM(確定) 募集期間:8/10〜9/8
受講者:13名(9/07現在)
実施済
18 アジャイル開発の実践演習
(スクラムによるプロジェクトマネジメント)
現在欧米を中心に拡がっている、顧客の仕様追加変更の発生を前提としたアジャイル開発手法と、そのプロジェクト運営方法であるスクラムについて学ぶ。アジャイル開発手法では、ウォータフォールとアジャイル開発手法の比較、アジャイル開発でのポイント、活用方法を講義と演習を通して実践的に学習。本研修を受けることによって、アジャイル開発手法のノウハウを体得し、現場で活用できるようになる。また、数あるアジャイル開発手法の中でも「スクラム」は、限られた時間・費用の中で、要員パフォーマンスと顧客満足度を最大化することを目指したプロジェクト運営手法です。スクラムの導入実績は多く、現在では世界の主流になっています。本研修では、ワークショップを通してスクラムの基本的な考え方や進め方に関する気づきを直感的に体得し、スクラムが今までのマネジメントとどう違うかを新たな視点で捉えることができるようになる。本研修を通して、ウォーターフォールによる開発で直面する様々な課題に対する解決手段の1つとして、アジャイル開発手法とスクラムを学習。 H27年10月
28・29・30日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 NISA(確定) 募集期間:8/10〜9/8
受講者:5名(8/20現在)
場所:NISA(確定)
実施済
19 ネットワークトラブルの原因分析技術〜パケットキャプチャリングとトラフィック解析〜(NEW!) TCP/IPプロトコルのヘッダフォーマットについて学習し、Wireshark(キャプチャツール)を利用したパケットキャプチャリング技術を習得し、キャプチャリングした情報を解析し各プロトコルのシーケンスを学習。またネットワークトラブルにおける原因調査をWiresharkでパケットキャプチャリングした情報を解析して行います。また、総合演習では実務を想定したネットワークトラブルを実際に発生させ、パケットキャプチャリング技術を用いたトラブルの原因分析を実際に行います。こうすることで、実践的なネットワークトラブルの対応が可能。 H27年11月
11・12・13日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 NISA又はOM OM(確定) 募集期間:9/8〜10/8
受講者:19名(10/19現在)
場所:オフィスメーション(確定)
実施済
20a Google App EngineによるWebアプリケーション開発
受講希望者が1名と少ないので、下記に変更します。
まず、クラウド技術の基本知識やGoogle App Engineについて知識を習得。次に、Google App Engine上で動作するWebアプリケーションの作成から配備、動作確認の方法を説明と実習によって学習。WebアプリケーションはJava言語を使用して開発。開発で使用するツールは統合開発環境として広く使用されているEclipseを使用。また、総合実習問題を導入し、設計から実装、テストまでの工程を経験し、最終的にGoogle App Engine上に配備。総合演習では各フェーズ講師によるレビューを行い、品質の高いアプリケーションを開発する。 H27年11月
18・19・20日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 中止 受講希望者(事前調査)が
1名と少なく、開催最低数4名となる可能性少なく中止し、下記と差替えます。
20 統計学を用いたデータ分析(New!)〜SE業務におけるデータ統計解析基礎〜
  【中止!】
中学生・高校生レベルの数学を前提知識としてデータ(数値)の見方、考え方、捉え方である統計解析(データ分析)の基礎を学習。極力数学的なことは必要最小限に留め、IT関連業務の実作業で使用できる統計解析手法を紹介。具体的には、データのバラつきを見るヒストグラムや散布図といった視覚的なグラフ、データの散らばり(分散)、データ間の相関関係、データから予想される未知の値の推定、実施した対策が有効であったか否かを検定する方法を習得。また、演習ではMicrosoft Excelが持つ統計的関数や統計ツールの使い方を実機で体験し、そこから出たデータの見方を習得。学んだ統計解析の知識を活用して、品質分析(バグの収束判断やレビュー時間と品質の相関関係)、開発規模の推定、新しく取り入れたツールや手法の有用性の検定などが行えるようになります。さらに、今話題の「ビッグデータ」も大量データの統計解析です。従って、「ビッグデータ」に携わる方の基本知識になるコース.。 H27年11月
18・19・20日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 中止 募集期間:9/8〜10/8
受講者:1名(10/8現在)のため、規則により中止します。
実施:中止決定(10/9)
21 クラウドサービスコーディネータ育成と仮想化技術 クラウドサービスの登場により、情報システムのシステム調達が大きく変わりつつある。オンプレミス以外に顧客に適切なクラウドサービスを使ったシステムを提案できる人材になるために必要な基礎知識を学習します。また、クラウドサービスには欠かせない仮想化の概要も学習する。 H27年11月
25・26・27日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 NISA又はOM NISA(確定) 募集期間:9/8〜10/8
受講者:11名(10/8現在)
場所:NISA(確定)
実施済
22 サイバー攻撃におけるインシデント対応〜疑似環境を用いた解析〜(NEW!) サイバー攻撃を受けた場合のインシデント対応方法を学習。はじめに水飲み場攻撃や標的型メール攻撃などのサイバー攻撃手法を学び、疑似的な攻撃を行います。そのうえで攻撃を受けた環境を用いて、データの保全や解析を行い、侵入経路や被害状況を究明する手順を学習する。 H27年12月
02・03・04日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 NISA又はOM 出島(確定) 募集期間:10/8〜11/10
受講者:16名(10/29現在)
場所:出島(確定)
実施済
23 フレームワークを用いたWebアプリケーション開発
  【中止!】
フレームワークの概要、および複数のフレームワーク(画面制御フレームワーク、O/Rマッピングフレームワーク、DIコンテナ、AOPフレームワーク)の特徴について講義で説明。オープンソースのフレームワークを使用して、実際のコードを例題と実習問題で確認することで、各フレームワークの特徴について理解を深める。また、集大成として実際にフレームワークを使用したデータベースアクセスアクセスを行うWebアプリケーションを設計、開発する。与えられたシステムy講師レビューの後、プログラミングする。 H27年12月
16・17・18日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 NISA(確定) 募集期間:10/8〜11/10
受講者:3名(10/29現在)
場所:NISA(確定)
実施:中止
24 IT技術者必須のサーバ技術 〜3日で学ぶLinuxサーバ(NEW!) CentOSを使って、Linuxサーバで重要なファイルシステム、シェル、ネットワーク管理、ユーザ管理、パーケージ管理を学習しWebサーバの構築まで行います。
1.Linuxの基礎知識、2.Linuxの基本操作、3.ファイルとディレクトリ、4.シェルとコマンド、5.ネットワークの利用、6.ユーザ管理、7.パッケージ管理、8.システムの管理
H28年01月
13・14・15日
(水)・(木)・(金)
3 21 16 78,800 22,600 NISA又はOM 募集期間:11/25〜12/15
受講者:10名(12/15現在)
場所:オフィスメーション(確定)
実施済
31Jisa 【JISA・NISA補助金研修】(無料)
プログラム開発におけるレビュー・テスト技術の基礎
プログラムの構造設計・開発工程において、プログラムの品質を確保するためのレビューとテスト技術について、基本的な技術(レビューの進め方、テスト項目の抽出など)を学習します。講義で基本的知識を学び、個人演習、グループワークで実際にレビューしたり、テスト項目を洗い出す実践的なスキルを修得する。 H27年12月
10・11日
(木)・(金)
2 12 16 無料 教材有料 助成:無 石井(確定) 募集期間:10/8〜11/10
受講者:16名(10/29現在)
場所:石井税理士事務所
実施済
32Jisa 【JISA・NISA補助金研修】(無料)
ITソリューションSEのための対人対応力ビジネスコミュニケーション
コミュニケーションの本質を理解し、人と上手くコミュニケーションできることを目標とします。
/祐屬離灰潺絅縫院璽轡腑鵑里△衒を意識したコミュニケーションができる。⊃佑ら人への言葉の伝わり方を説明でき、自己表現力・発表力を向上する。D阿ことの大切さを知り、対人適応力を向上する。プレゼンテーション実習を含めて、対人対応スキル向上を図るコース。
H28年01月
26・27日
(火)・(水)
2 12 12 無料 教材有料 助成:無 NISA(確定) 募集期間:10/8〜11/10
受講者:12名(10/29現在)
場所:NISA研修室
実施済(大雪のため順延)
ページの先頭へ