研修事業 NISA紹介 会員紹介 NISAカレンダー NISA NEWS 組込ソフト研究会 リンク もろもろマッチング 会員専用
研修事業
受講までの流れ
Nisa研修受講申込書
研修会場MAP
研修会場
I: 石井税理士事務所
D: 出島交流会館
N: 長崎県情報産業協会
オ: オフィスメーション
K: 長崎県勤労福祉会館
S: その他
講座の説明
ヒューマン系
技術系
受付締切日は講座開始日より約1ヶ月前とします。
締切:コースの受付を締め切りました
終了:コースを実施しました
■NISA_Banner_会員募集_H301222.jpg
会長挨拶_役員_組織_R010701.pdf
JISA-HP.jpg
次世代クラスター協議会B.jpg
ANIA.jpg
イベントのご報告_御案内B.jpg
産_学_官_交流会C.jpg
厚労省-人材開発支援助成金.jpg
新入社員IT研修2020A.jpg
新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ_BB_141K.jpg
IPA_00.jpg
(一社)icd協会ロゴ_A_HP用.jpg
情報処理技術者試験・等
サイバーSC通信_1A.jpg
NISA会員ビジネスコラボ会A.jpg
トップページ > 研修事業
研修年間カレンダー PDF   NISA研修概要とスケジュール(A3) PDF   NISA研修概要(A3×2) PDF

2020年(令和2年)度 NISA-IT技術研修ご案内 [2020-7-2更新]

・NISA-IT研修の受講申込みは常時受け付けています。  ・NISA会員様へは、研修開始日の約2ヶ月前にメールにてご案内しています。 ・受講申込みは、申込期限までに「NISA研修申込書」をNISA事務局へ送付(MAIL添付)下さい。

◆(注1)本研修は、厚生労働省「人材開発支援助成金」の対象コースです。助成金を申請して受講される場合は、各講座ごとに研修開始日から起算して1ヶ月前までに労働局へ「訓練実施計画届」を提出する必要があります。 また、研修終了日の翌日から起算して2ヶ月以内に労働局へ「支給申請」を提出する必要があります。助成金を適用しない場合も受講可能です。

◆(注2)各講座の研修会場は、受講者数等に応じて開講日の約1ヶ月前に確定します。詳細は、「Nisa長崎」のHPでご案内していますのでご確認下さい。受講者数によって会場を変更する場合があります。会場が変更となった場合は、開始日の前日までに労働局へ「変更届け」の提出が必要です。

◆(注3)厚生労働省「人材開発支援助成金」制度を適用する場合において、「一般訓練コース」、「特定訓練コース(若年人材育成コース:雇用契約締結後5年以内、35歳未満)」、及び「生産性要件」の適否により助成率が異なります。  岼貳矛盈コース」で「生産性要件」の適用なしの場合、◆岼貳矛盈コース」で「生産性要件(6%以上UP)」へ適合の場合、「特定訓練コース」で「生産性要件」の適合なしの場合、ぁ崙団蠏盈コース」で「生産性要件(6%以上UP)」へ適合の場合。

No 研修項目 概要 開講予定日
(3日間)


(日)


(H)


(人)
受講費(注1)
※助成金制度を利用された場合の助成金支給額



募集期間・完了・延期 等
受講者未達による中止等
(原則、4名以上で開講)
受講費(円) 助成金支給額
(注3)[※目安]
状況
05j ユーザインターフェース設計の定石
とUXデザインワークショップ
使いやすく、分りやすいユーザーインターフェース(UI)を設計するために必要な基礎的な知識や考え方を講義と演習によって学習します。次に、人間中心設計プロセス(利用の状況の把握と明示、ユーザと組織の要求事項の明示、設計による解決策の作成、要求事項に対する設計の評価)に基づいて、ユーザビリティエンジニアリングの代表的な手法であるUXデザイン(インタビュー手法、ユーザ分析、プロトタイピング、ユーザビリティテスト)をケーススタディを通して学習します。 7/29〜
7/31
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N 出島 ・【中止】(受講者未達)
・講師:甲斐亮氏(FJQS)
・場所:出島交流会館
・受講数:( 1 )名
06j C#によるオブジェクト指向プログラミング(基礎編)〜オブジェクト指向からデータベースアクセスまで〜 C# を使用してアプリケーションを構築する際に必要となる基本文法(変数、配列、制御文、プロシージャ)とオブジェクト指向の概念(クラス、継承、インターフェース)とシステム開発にとって必須であるデータベースアクセスの方法を説明と実習により学習します。本コースを受講することで、実務で最低限必要なスキルを修得していただきます。 8/5〜
8/7
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N 石井 ・申込期限:〜7/3
・【開催決定】
・講師:井上龍也氏(FJQS)
・場所:石井税理士事務所
・受講数:( 14 )名
07j 統計学を用いた
プロジェクトデータ分析
〜SE業務におけるデータ統計解析〜
高校生レベルの数学を前提知識として、データの見方である統計解析の基礎を学習します。講義では、数学的なことは必要最小限に留め、IT関連業務の実作業で使用できる統計解析手法を紹介します。本コースで学んだ統計解析の知識を活用して、品質分析(レビュー時間と品質の相関関係)、開発規模や開発工数の推定、新しく取り入れたツールや手法の有用性の有効性検証が行えるようになります。 8/19〜
8/21
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N 出島 ・申込期限:〜7/17
・講師:井上龍也氏
(FJQS)
・場所:出島交流会館
・受講数:( 2 )名
04s IT技術者のためのファシリテーション 次世代のビジネスリーダーに必要不可欠な組織・部下・チームメンバーのモチベーションを高め主体性を引出すスキル、合意形成のスキル、会議運営のスキル等を理論と実践により身につけます。
実際にファシリテーションのスキルを活用する演習や、一人一人がファシリテーターとしてディスカッション等に関与することにより、体験を通じてファシリテーション力を養成することができます。
講師、他者、ビデオ等様々なフィードバックにより自己のコミュニケーションの特性が把握でき、受講者が強みを生かし、弱みを意味のないものにする方策を自ら見いだしていける内容です。

8/26〜
8/28
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N 出島 ・申込期限:〜7/22
・講師:水野輝彦氏
(FSC)
・場所:出島交流会館
・受講数:( 1 )名
09s Pythonで学ぶ機械学習
〜ITエンジニアのAI基礎知識〜 
(NEW)
AIはさまざまな分野で利用されつつあります。アメリカでは犯罪捜査や医療での生存確率を判断するツールとして実際に活用されています。現在のAIは第3次AIブームといわれ、その中心となるのが機械学習です。本講座は、その機械学習の基本的な内容をプログラミング言語のPythonを使って理解していただく内容となっています。中小企業はAIの導入が遅れていると言われており、その要因の一つがAIに対する理解不足とのことです。本講座は、3日間という期間でAIを理解するための契機となる講座です。AIをこれから学びたいという方に是非ご受講いただきたいと思います。 9/9〜
9/11
3 21 12 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜8/7
・講師:徳重稔氏
(FSC)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 3 )名
10a 仕事の段取り力養成講座
〜プロジェクト型業務の遂行能力を身につけるために〜
本コースは、演習題材をITプロジェクトではなく、社内イベント遂行プロジェクトとしています。そのため、ITエンジニアだけでなく、営業担当者やスタッフ業務従事者の方なども受講頂けます。
プロジェクトマネジメントの国際標準知識体系PMBOKをベースに、プロジェクト型業務での段取りの流れと考慮すべき点をケーススタディを通して習得します。1.ビジネス環境を理解する、2.仕事をうまく進めるために必要なこと、3.PMBOK概要、4.仕事のPDCAサイクルと心構え、5.業務の立ち上げ、6.業務計画(リスク識別と対策立案、作業の洗い出し、体制と役割分担、期間・コスト見積、スケジュール作成)、7.業務の実行・コントロール、8.業務の終結   
9/16〜
9/18
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜8/7
・講師:山口新吾氏
(AES)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 2 )名
11a
IoT・ビッグデータにも活用!すぐに使える統計解析
(NEW)
統計解析の基本的な各種手法について、その用途、計算方法、適用方法を通して解説し、種々の実データを用いた分析演習を行います。これらはプロジェクトの進捗管理や実績管理、売上予測や広告の効果測定、人事管理、市場分析など様々な局面で活用できます。「統計を何にどう使うか」に重点を置き、即効性を高めた研修です。 9/23〜
9/25
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜8/7
・講師:青木克頼氏
(AES)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 4 )名
12s 失敗しないプロジェクトのための
段取り力
成功率『約3割』といわれている日本のITプロジェクト。失敗しないためにはどうしたらいいのか?
本研修では、その答えの一つとして『段取り力』を取り上げます。
プロジェクトマネジメントのデファクトスタンダードであるPMBOKも参考にしつつITプロジェクト特有のテーマを重点的に解説することで、プロジェクトマネジャとしての基本を学びます。同時に、研修参加者には、ファシリテーター役を担っていただくことで、各種会議のとりまとめ役を担う力を身につけます。
9/30〜
10/2
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜8/7
・講師:山崎有生氏
(FSC)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 1 )名
01j ネットワークと
セキュリティの基礎
ネットワークの基礎的な知識(IPアドレス、ルータ、Ethernet、IP、TCP、DNSなどのプロトコル)を体系的に幅広く学習することにより、ネットワーク上のデータの流れを把握できるようになります。また、セキュリティについて学習し、ファイアーウォール、暗号技術、認証技術、ウイルス対策、情報セキュリティマネジメントシステムの基本的知識について学習します。演習では、グループワークやシミュレータを使った実機確認を行い、実践的にスキルを体得していただきます。
10/14〜
10/16
3 21 16 受講料78,800 +教材料5,000 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜9/11
・講師:太田伸一郎氏
(FJQS)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 8 )名
14j データベース設計
ワークショップ
〜概念設計、論理設計、物理設計〜
データベース設計に必要な知識・手法を、講義と演習によって学習します。先ず、要素技術としてER図の書き方、正規化の概念を学び、概念設計から物理設計までの個々のタスクの流れを机上演習を通して学びます。次にデータベース設計を行う上で必要となる技術を、演習によって体得します。概念設計、論理設計、物理設計の個々のタスクを、演習を解いてトレーニングすることで、知識と技術の定着を図ります。 10/21〜
10/23
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜9/11
・講師:井上龍也氏
(FJQS)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 2 )名
15j 信頼されるSEに求められる
問題解決スキル
システム開発や運用保守のプロジェクトでは、さまざまなトラブルに対処していく必要があります。本コースでは、プロジェクトマネジメントの手法などをベースに、問題の定義・分類、問題解決プロセス、問題の予防といった項目を学習します。演習では、失敗プロジェクトを基にしたケーススタディを行います。学習内容の定着化と困難な問題に取り組む姿勢を養うことにより、SEとして現場で必要とされる問題解決スキルの向上を図ります。 10/28〜
10/30
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜9/11
・講師:井上龍也氏
(FJQS)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 1 )名
03j システム開発における品質マネジメントワークショップ
〜品質管理の基礎から実践まで〜
よくシステム開発で重要なものは品質・コスト・納期のバランスと言われますが、最も重要な要素は品質です。本コースでは、システム開発における品質とは何か?から、品質保証の考え方、品質指標の設定、品質分析、品質に関する問題発見・問題解決法、各作業工程における品質管理のポイントまで幅広く学習していただきます。また、グループ演習で擬似プロジェクトにおける品質管理ワークショップを行って頂き、品質管理の手法を体得していただきます。
11/4〜
11/6
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜10/2
・講師:井上龍也氏
(FJQS)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 1 )名
16j デープラーニングの
理論と実装
(NEW)
ディープラーニングを構成する要素技術を一つ一つ抽出し、詳しく調べることで、ディープラーニングの仕組み(理論)を理解していただくことを主眼としています。ディープラーニングの仕組みを理解するためにPythonでプロトタイプを作成します。学習したディープラーニングの要素技術を即座に試し、結果を見ながら、さまざまな実験を行います。こうすることで、単にAIツールを使用して分析結果を見るよりも、確実にディープラーニングの仕組み(理論)をしっかりと理解することができます。 11/11〜
11/13
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜10/2
・講師:井上龍也氏
(FJQS)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 4 )名
17j IoTを用いた新システム提案
〜基礎技術、事例、アイディアソン、提案〜
IoTの基礎的な知識から、IoTを活用したシステムの考案、提案までのプロセスを体験していただきます。講義はIoTで使用されるセンサーや通信機器の役割やシステム構成、適用事例を説明します。演習ではIoT活用アイデアソンを行い、IoTを使用した新しいサービスの創出や業務プロセスの改善を行うシステムを発案します。更にシステム構成の定義を行い、最後に提案発表することでIoTのビジネスへの活用法を学んでいただききます。 11/18〜
11/20
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜10/2
・講師:井上龍也氏
(FJQS)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 2 )名
18j セキュアなWeb
アプリケーション開発
〜脆弱性を突いた攻撃方法とその対策〜(NEW)
インターネット時代においてWebアプリケーションのセキュリティは必要不可欠です。Webアプリケーションに脆弱性があると、攻撃されたり、他社のシステムを攻撃する踏み台にされてしまいます。本コースでは、まず脆弱性を持つWebアプリケーションに攻撃する手法を講義・実機演習で学び、それを回避する開発技術や攻撃を受けた場合の痕跡確認方法(ログファイル)について学んでいただきます。本コースを受講することによりセキュアなWebアプリケーションを構築するポイントを体得していただきます。 12/2〜
12/4
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜11/2
・講師:井上龍也氏
(FJQS)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 5 )名
19a エンジニアのスキルを徹底活用するための書き方・話し方 エンジニアは技術についての専門家であり、特にITエンジニアはその業務遂行のためにも、日々情報収集や自己学習を重ねています。しかし、これらの知見を他者に伝える技術を兼ね備えたエンジニアは不足しています。エンジニアにこそ、文章能力が必要です。本講座では、エンジニアの考え、プロジェクトの進行状況、技術的な見解の表明など、エンジニアでないと的確な分析ができないことを文章に表現する技能、及びその話し方について、実践的な演習と共に学びます。他では扱いのないオリジナリティの高い内容です。 12/9〜
12/11
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜11/2
・講師:矢田治郎氏
(AES)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 2 )名
20j オブジェクト指向の本質に基づいたアプリケーション設計
〜品質、コスト、改修を意識した設計〜
Java言語やVisual Basic、C#などオブジェクト指向言語で開発しているのに、開発効率やメンテナンス効率が悪いプロジェクトが数多くあります。本コースでは、オブジェクト指向の本質を理解して頂き、オブジェクト設計に焦点を当て、正しいオブジェクト指向設計とは何かを習得していただきます。本コースを受講することによって、同じコードを重複して記述させないテクニック、部品化のノウハウ、メンテナンスしやすいクラス構造を設計できるようになります。 12/16〜
12/18
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜11/2
・講師:井上龍也氏
(FJQS)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 2 )名
21s IT技術者のためのデザイン・シンキング
〜ビジネス創造に不可欠なデザイン思考〜
米国MITで開発された「デザイン思考」のプロセスデザイン思考における各プロセスを「レクチャー(講義)」→「ワーク(演習)」のスタイルで順次進めます。
指定するテーマについてグループ演習を実施しながら、デザイン思考の基本プロセスを体得します。
従来の問題解決から脱却し、創造的な取り組みのスキルをマスターしたい人にお勧めの講座です。
2021年
1/27〜
1/29
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜12/25
・講師:國分宏悦氏
(FSC)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 1 )名
22a ケースに学ぶITプロジェクトにおける品質マネジメント プロジェクトを遂行する上で、どうすれば品質を担保し、客先に対して品質が高いということを説得することができるかをケーススタディを通して習得します。1.ソフトウェア品質マネジメントの課題と重要性、2.ソフトウェア品質とは、3.ソフトウェア品質管理の全体像、4.品質計画(レビュー計画、テスト計画、品質目標値の設定フレームワーク、品質データ収集)、5.品質保証(品質保証体系、レビュー留意点、テスト技法、テスト網羅性の観点)、6.品質管理(品質分析概要、レビュー密度、テスト密度/バグ密度)、7.品質管理(ゾーン分析、バグ管理曲線)、8.品質改善活動(改善活動の2つのアプローチ、改善サイクルの構築) 2/3〜
2/5
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜12/25
・講師:山口新吾氏
(AES)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 2 )名
02j ITビジネスにおける
論理思考の活用技術
〜思考技術の定石〜
(NEW)
ITビジネスを遂行するには、さまざまな思考が必要です。またこの思考は論理的でなければ、顧客や上司、他のメンバーにうまく伝わりません。本コースでは、まず論理思考とは何かを学び、ゼロベース思考や仮説思考に発展させます。また、思考を表現する技術としてのロジックツリーやMECE、フレームワークの活用を学んでいただきます。演習では、ITビジネス現場で発生するさまざまな論理思考の活用場面を設定し、論理思考を用いてグループディスカッションして、論理思考の活用技術を体得していただきます。
2/17〜
2/19
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜12/25
・講師:井上龍也氏
(FJQS)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 0 )名
13j C#によるWebアプリケーション開発(実践編)〜Webフォーム連携技術からアーキテクチャ設計まで〜 C# を使用したWeb アプリケーションの作成方法を講義と実機演習を通じて修得します。Webアプリケーションを作成する際に必要となる、Webフォームの作成やWebフォーム間連携、セッションなどの状態管理、Webアプリケーションのアーキテクチャや設計思想について解説いたします。最終的に、その設計思想をもとに課題を設計、実装、テストしていただき、C#の実践的なWebアプリケーション開発スキルを習得していただきます。
3/3〜
3/5
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜2/2
・講師:井上龍也氏
(FJQS)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 0 )名
08j ITエンジニアのための
デザイン思考ワークショップ
〜要件定義や運用に適用〜
(NEW)
現在のSE業務は変動、不確実、曖昧、複雑なものが多くなってきており、従来の経験や知識に基づく思考法では、うまくいかないことが多くなっています。デザイン思考は、「正しさ」よりも関係者全員の「満足度」が高いアウトプットを迅速に創出する思考技術です。本コースでは、デザイン思考のプロセスである、共感→問題定義→アイディア創出→プロトタイプ作成→検証を学び、グループ演習を行うことで実務で使用できるデザイン思考スキルを体得していただきます。
3/17〜
3/19
3 21 16 受講料+教材料 =83,800 (税別) 35,600 51,500 57,400 75,400 N ・申込期限:〜2/2
・講師:井上龍也氏
(FJQS)
・場所:NISA研修室
・受講数:( 1 )名
ページの先頭へ