長崎県情報産業協会
過去の事業内容>平成17年度事業計画
   (平成17年4月1日〜平成18年3月31日)

1.地域情報化の推進
 長崎県、市町村、各種団体等と協力・提携しながら、地域情報化推進に取組む。また、国内外の情報サービスに関わる情報やデータの収集等を行う。

1) 長崎県及び市町村の電子自治体
OSVF長崎を中心として、本格的に活動する。
2) 「戦略的情報化投資活性化事業(ITSSP)」(経済産業省)
3) 長崎県高度情報化推進協議会の各種事業(長崎県)
長崎県地域情報化フォーラムへの参加(秋)
4) 長崎県情報化通信フェア(長崎県)
ながさきITフェアーへの参加(秋)
5) テクノロジーネットワーク推進事業(長崎市)
長崎市への提言、講演会への出席
6) ベンチャー企業支援事業(長崎市)

2.会員研修・交流事業
 会員を対象とした各種助成制度を活用した研修会等を実施し、会員企業における経営及び技術力向上を図ると共に、会員相互の親睦・交流を深める。
1)技術研修会
2)経営講演会
3)新年賀詞交歓会
4)会員親睦のためのレクリエーション

3.企画・調査・研究・広報
1) 中小企業人材確保促進助成金を活用し、企業の職場環境の実態調査・研究会を実施する。

中小企業人材確保促進事業も2年目となり、最後の調査となるので、できる限り、会員の皆様に役立つような調査を実施し、報告書にまとめる。
アンケートの回収率が悪く、雇用・能力機構から回収率アップの要請があるので、皆様のご協力を切にお願いする。
会員企業の実態調査して、他地域との比較を行い、Nisaの強み、弱みを把握し、弱みを補強する施策を実施する。
2) 市町村合併問題が解決後、浮上する地域IDCに関わる調査研究
3) オープンソースシステムに関する調査研究
オープンソースベンダーフォーラム長崎を中心に進める。
4) JobCafeに関する支援(NSC他との連携)
5) 個人情報保護法の施行に伴い、プライバシーマーク取得への支援
6) 首都圏でのIT人材・ビジネスマッチングを他協会と共同事業として実施。
7) 財形貯蓄制度の研究と雇用能力開発機構の支援策への対応

社員への福祉の充実対策として、取組むメリットがあり。規定された引き出しに対し助成金が出る。
8) IT健康保険の研究と加入促進(愛知から、全国IT健康保険組合になる予定)

ITの健康保険組合として、7組合あるが、愛知の健康保険組合を最後とし、全国版に格上げ予定。政府管掌健康保険に加入の企業が入会できる。政府管掌より、掛け金が安くなる。

4. 中小企業人材確保推進事業の推進(昨年度から3年間の重点事業)

 長崎県及び長崎労働局から対象協会として認定を受けたので、雇用・能力開発機構からの助成金を受けて、会員企業一丸となって、本事業を推進する。福利厚生の充実、労働時間の短縮、職場環境の改善、教育訓練の充実、募集・採用の改善、その他雇用管理の改善の下記6委員会によって、推進する。特に助成率がよく、事業費の2/3が助成され、さらに事務局人件費も助成される。但し、人件費を上回る事業を実施しなければならない。
 会員の皆様の役に立つ事業を展開する必要性から、全員参加型で実施することが必須であり、実行組織の強化が急務であるので、ご協力をお願いする。
【協会委員会組織】
 (  )内は代理者、敬称略
   年次計画策定委員
委員長 菅 会長(酒井良文)
      石橋副会長(西尾雅俊)、大神副会長(高村 元)、横田副会長(宮川研司)
   調査事業委員会
委員長 黒田理事(江崎 誠)
      蒲原理事(立井恵美)
   雇用環境改善事業委員会
委員長 寺島理事(武富宏朗)
      岡理事(安田加奈子)、下山理事(中村正己)、石丸理事(江頭邦夫)、渡邉理事
   採用活動改善事業委員会
委員長 井上理事(林田利信)
      浜本理事(村中 仁)
   退職金制度充実委員会
委員長 佐藤理事(水野勇一)
      中尾理事(市川千尋)

5.キャリア形成促進事業の推進
 本年度から、ポスト「人材高度化能力開発事業」として、雇用・能力開発機構の支援による研修に取組み、円滑かつ合理的な事業の推進を図る。
1)  会員企業の教育体系化の作成
2)  認定申請書作成に対する支援(計算式付の電子様式の作成)
3)  支給申請書作成に対する支援(計算式付の電子様式の作成)
4)  雇用・能力開発機構との折衝と申請企業への情報伝達等
5)  生涯職業能力開発体系作成支援システム(SuccessPro)パソコンへのインストールと操作法の支援。
6)  長崎県職業能力開発センターとの連携

6.他団体との交流
 国内外関係団体との情報交換や交流を通じて、それぞれの地域における情報化や情報サービス産業の状況を把握する。
1)  (社)情報サービス産業協会(JISA)
総会・地区大会への参加
  JISA地域高度化事業の委託
2) 全国地域情報産業団体連合会(ANIA)
ANIA全国大会及び総会(平成17年6月あいち大会)への参加
ANIA SPARK 、ANIA MESSAGEの活用
  ANIAの地域団体との交流
3) 行政並びに独立行政法人日本貿易振興会(JETRO)等との連携による交流
長崎市、韓国太田広域市のIT企業との産業交流を2年間に亘り推進してきたが、これらの経験を踏まえ、今年度から2年間、長崎−釜山ビジネス推進協議会へ参加して、交流事業を推進する。
  H17-6-28に韓国釜山のIT企業12社が来崎し、長崎のIT企業との交流を行う。
(全日空ホテルグラバーヒルズで開催)
4) ITCながさきとの連携
ITコーディネータ普及事業
ITSSP事業の相互連携

7.会 議 等
1)  原則として月1回の役員会を開催し、事業運営等について協議する。
中間時点で発生する重要事項については、会長、副会長、事務局による会長副会長会議を開催して、決する。広く意見を収集するため、合理化のため、役員間のメーリングリストによる電子会議の導入を検討し、早期導入を図る。
2)  委員会(事業・会員拡大・総務)を設置し、委員長による積極的な事業展開を行う。
緊急課題に対し、適宜、プロジェクトチームを設置し問題の解決を図る。
 また、中人確の基本的な事業は、今年が最終年度、来年度は定着事業となるので、今年度は中小企業人材確保推進事業を協会活動と連携して、重点的に推進する。特に、下記協会の委員会と中人確の委員会が連携して推進する。
【中人確 委員会体制】
   事業企画委員会(◎印 委員長)
役員 ◎石橋副会長、大神副会長(高村 元)、横田副会長(宮川研司)
一般 小森 健、川口(プロデュースメディア)
   総務委員会
役員 ◎高堤理事(藤田 宏)、岡本監事、
   交流委員会
役員 ◎浜本理事(村中 仁)、岡理事(安田加奈子)、黒田理事(江崎 誠)
一般 須藤英明(アイティースペース)、岩本啓一(長菱エンジニアリング)
   組織強化委員会
役員 ◎寺島理事(武富宏朗)
一般 松竹一智(クリエイトパワー)
   技術委員会
役員 ◎井上理事(林田利信)、蒲原理事(立井恵美)、石丸理事(江頭邦夫)
一般 石井秀和(菱算)、坂井秀之(協和機電工業)、古川孝道(プロデュースメディア)
   研修委員会
役員 ◎佐藤理事(水野勇一)、渡邉理事、横田副会長(宮川研司)
一般 塩見英敏(長崎ビジネス専門学校)、酒井良文(情報技術)、岩本啓一(長菱エンジニアリング)

事務局 連絡先  〒850-0032 長崎市興善町4番6号 701 Tel.095-824-0332 fax.095-824-0813